昨夜、宝塚歌劇ファンの叔母さんから「来月一緒に宝塚観に行かない?」と電話がありました。以前から誘われていたのですが、部活、受験、大学に行ってからは授業・バイトなどでなかなかタイミングが合わず、一度も行ったことがありません。
「4月3日火曜日の13時からなんだけど、杏ちゃんその日空いてる?」
その日は特に予定が無いので、ご一緒させてもらうことになりました。

私の住む最寄り駅、阪急石橋駅から梅田へ行くことはあっても、反対の宝塚へ行ったことがないことに気付き、宝塚歌劇も含めて、宝塚について調べてみました。宝塚歌劇ファンへ贈る宝塚タウンガイドというサイトは大劇場の周辺にある飲食店やマンション、バレエスタジオなどが紹介されていて、その中にあった『グリーンベリーズカフェ 宝塚歌劇前店』が気になったので、今日、思い切って行ってきました。

石橋から終点の宝塚駅は電車で20分くらい。宝塚駅で降りるのは初めてです。改札を出ると正面に阪急百貨店があったので立ち寄ってみると『北海道おいしいもの大会』が行われており、つい札幌から来たお店の手作りドーナツを買ってしまいました。明日の朝ごはんに食べようと思います。

阪急百貨店から1階に移動して、駅ビルを通り抜けて、横断歩道を渡ると花のみちがあります。綺麗に手入れされた花壇が歩道を彩り、ヨーロッパみたいな街並みがおしゃれ!石橋の下町な雰囲気も好きですが、ヨーロッパみたいなこの町の雰囲気も好きだなと思いました。タウンガイドのサイトにマンションの紹介がありましたが、宝塚周辺に住みたいという気持ち、今ならわかります。

宝塚大劇場は堂々とした佇まいで、小林一三の胸像が大劇場を見守っています。来月叔母さんと一緒に行くのが楽しみです。さらに花のみちを進むと、劇場の関係者出入り口付近に宝塚ファンの人が集まっていているのが見えました。

花のみちから目的のグリーンベリーズカフェはすぐで、花のみちがヨーロッパなら、グリーンベリーズカフェはアメリカの雰囲気。一気にヨーロッパからアメリカに来た感じ(笑)店内は女性が多く(スタッフ含め)明るく開放的なのが特徴的です。初めてなので店員さんに色々教えてもらい、ちょっと甘めのカフェモカを注文。メニューのサンドイッチがおいしそうだったので、一緒にツナとチェダーチーズのサンド(トンナート)を注文しました。

居心地がよくて、ついブログのテキストを作成してしまいました。石橋からちょっと遠いですが、梅田よりも落ち着くので、また来ようと思います。