母から「最近コーヒーを飲むと胃が気持ち悪くなる」という相談を受けたので調べてみると、カフェインが原因の模様。「そういやスターバックスにはカフェインレスのコーヒーがあったような?」と思い検索してみると、ディカフェという種類の豆がありました。私の家では豆を挽いてコーヒーを飲んでいるので、カフェインレスの豆があることを知り一安心。以前行ったグリーンベリーズコーヒーにも「デカフェエスプレッソ」「デカフェハウス」という種類の豆の取り扱いがありました。また、タリーズコーヒーでは「オーガニック デカフェ エチオピアモカ」という商品がカフェインレスの豆として販売されており、どのショップもカフェインレスを扱っていることがわかりました。

ところが、私はタリーズコーヒーのサイトにあった「セトウチマルシェ」のページにある「ナタデココ瀬戸内レモンスワークル」に目が釘付け。

なにこれ?美味しそうー!!!!!!

7月3日(水)~8月18日(日)の期間限定商品なので、早速石橋駅のタリーズへ行こう!と思ったのですが、大阪は伊丹空港店しか対象店舗に含まれていませんでした。これだけのために伊丹空港へ行くのはなぁ‥と思い、兵庫県の対象店舗を見ると、阪急宝塚店が行きやすそうなのと、花の道や(チケットは無いけど)大劇場にまた行ってみたい気持ちも出て、阪急宝塚店に行くことにしました。

7月25日(木)梅雨明けし夏本番のお天気の中、宝塚駅から花の道を通り、大劇場へ。ちょうど公演中だったのか人通りは少なく、劇場内のロビーやショップもほとんど人がいませんでした。キャトルレーヴで叔母さんのご贔屓さんのポストカードがあったので購入し、これを暑中見舞いにします。

宝塚大橋の袂にある階段を降りて武庫川沿いを歩いて駅に戻りました。タリーズコーヒーはちょっとわかりにくい場所で、ブックファーストの中にあります。にもかかわらずほとんどの席が埋まっていてびっくり。目当ての「ナタデココ瀬戸内レモンスワークル」630円はレモンのさわやかな風味が暑い時期にぴったり!ナタデココの食感も楽しいです。スワークルを味わいながら叔母さんにはがきを書き、駅前のポストに投函して帰宅しました。

このブログ書いて気付いたのですが、母のコーヒー豆・・・何で買わなかったんだろ・・(汗)